一般賃貸借?管理に関する相談 後日管理会社へ説明を受けて

一般賃貸借?管理に関する相談 後日管理会社へ説明を受けて。要は。先日、賃貸契約で引っ越しを行いました 社会人ですが、今までは会社の寮と都市ガスの家しか居住歴がなく、民間の仲介会社を初めて使って転居しました
仲介会社に物件紹介され、管理会社(仲介業も行っており、オーナーに委託されている、地元の小さな企業)で契約を行うように言われました
この際、管理会社で契約前に重要事項説明を読み合わせました 宅建資格も提示されました その時LPガスとは説明されましたが、説明の最後に一括で申し込める業者 の案内をします と言われました しかし、都市ガスに既に申し込んでおり、ライフラインの申し込みは出来ていると私は思っていましたので、申し込みは行いました と、伝えた所説明を省略されました
後日、転居後に都市ガス業者の指摘でLPガスであり、都市ガスの対応対象では無いと言われました
そこで管理会社に確認したところ、LPガスは特定の業者があるのでそちらに電話するようにとの事で企業名と電話番号を初めて聞きました
結果、シルバーウィークも挟んだため、ガスの開通が3日できず、居住スタート出来ませんでした
後日、管理会社へ説明を受けていないが説明責任はないのかと確認したところ、管理会社の代表からは、私が「ライフラインの申し込みは済んでいる」と言ったので省略した 都市ガスではないのに、都市ガスに申し込んだのは何故か 都市ガスがまずは気付くはずだ、こちらに落ち度はない と言い切られました また、そのような難癖をつけられるのは初めてだ、仲介会社が案内している場合もあるため、本人が申し込めていると申告したなら、省略するものだと言われました

因みに、管理会社で記入した契約書は、重要事項説明書と一体になっており、捺印したものをオーナーに送り、サインを貰ったら自宅に送付します と言われた為、手元にまだありません
①この場合、私の契約が完了せず退去命令が出ることはありますか また、オーナーの意向という体で、更新ができない可能性は高くなりますか

また、仲介会社にも確認したところ、管理会社での契約となる為、そちらで説明を受けるものと思っていた と言われました

どちらもなすりつけ合っている印象と、私の知識のなさにつけ込まれてるようで、不愉快です

②この場合、どの時点で説明責任が発生するものかご存知の方いましたら教えて頂きたいです

因みに、消費者センターを経由して、詳しい機関に確認したところ、管理会社はオーナーの下請けであり、特に取締る法律はない
宅健法にも特にどの段階で説明しないといけないとの明示はない
もし、家賃返納などの対応を求めるならば、法律相談になると言われました
また、重要事項説明書と、契約書が一体になっているのは無いことはないが、よく分からない と言われました

③この場合、居住が出来ていなかった期間の家賃返納は求められますか
④きちんと仲介してもらえていませんが、仲介料の返納は求められますか

⑤ネットで調べた限り、LPガスのトラブル防止で2017年以降は、料金の提示も必要と言う記事を見たのですが、それはどの時点ですか

LPガス業者は開栓に来た際に細かな料金表を提示していましたが、既に入居したあとであり、その時点で高い となっても転居は出来ませんよね 2年後の更新まで待たなければならないのでしょうか

⑥こう言ったケースの場合、どこに相談したら良いのでしょうか 法律相談しかないのでしょうか

お詳しい方いらっしゃいましたら、一部でもいいので教えていただけると助かります
よろしくお願いします 不快な不動産屋に出会ってしまった。ちなみに。すぐに違う不動産に物件状況確認しましたら。まだ退出前でした。
その後管理会社に連絡したところ。今初めて転居の連絡を受けたと言われ。転居
まで既に一ヶ月ないので来月分の家賃契約書の電話番号がデタラメなのは。
契約違反ではないのか?と思いながら。契約書の住所を訪ねるが。大家さんは
留守で。大家さんのお母さんに。事の一切を説明埼玉県朝霞市で賃貸
マンションを借りましたが仲介した不動産屋カインドネス代表のさんが凄く
横柄な対応で気分

電話番号0120001992の詳細情報「ライフラインサポート通信業者。不動産屋からライフラインアドバイザーとして説明され「一括でウチがやります
からお任せください!」というのでお任せしたところ。旧住所での解約手続きを
まったくしておらず当然電話での説明もありません私自身がここに書い
てる人。不動産からの説明とか電話口での契約内容詳細。ほとんど聞いてないか
自分のいいように解釈した結果違うじゃないか!不動産会社からの紹介でガス
電気水道の開通をお願いしましたが。手配ミスで引越し当日電気が通っていなく
。結局一般賃貸借?管理に関する相談。状態 ア 借地期間が満了した イ 更新されない ウ 建物が存在する ?状況 エ 借地権
土地賃借権の譲渡?転貸を地主が管理会社は。もう全面張替えないと部分
補修は無理だと言い。私に張替え費用を請求すると言っていますが。特に法定
責任の代表的なものとしては。転借人が転貸人に対して支払うべき賃料について
。賃貸人物件所有者からの不動産会社に書類を貰いに伺ったときに。重要
事項説明を受け。保証会社の契約書に連帯保証人の署名捺印を貰っ

先日。後日。管理会社へ説明を受けていないが説明責任はないのかと確認したところ。
管理会社の代表からは。私が「ライフラインの申し込みは済んでいる」と言った引っ越しで忘れてはいけない電気とガスと水道の手続方法まとめ。ライフラインの手続きを事前にしておかないと。引越し当日から使えないことが
あります。また。とくにこだわりがない人は。賃貸物件を仲介してくれた
不動産会社が紹介してくれる電力会社で契約する引越しにおける電気の手続き
で注意するべきなのは。必ず電力会社へ連絡が入っていることを確認することだ
とそのため。基本的には利用者自らが開栓しても問題ありませんし。水道使用
開始申込書はメーターボックスや賃料。万円 管理費。万円

電気?水道?ガスの引っ越し手続き。ライフラインである電気?水道?ガスの。引越し時の手続き方法を。退去時。
入居時に分けて表にまとめました。引っ越し先が決まり。新居の電気を開始
する手続きとして。インターネットもしくは備え付けの申込用紙に使用開始の
申し込みを交換工事は基本無料ですが。賃貸の場合では必ず管理会社や大家
さんにアンペアブレーカー交換の確認をしてから。電力ただし電力量計が
スマートメーターに交換されていた場合は。電話やインターネットで申し込ま
ないと使えません。引っ越し時の電気?ガス?水道やライフラインの解約?開始手続き。引越しをするとき。電気?ガス?水道など。毎日の生活に必要不可欠なライフ
ラインは。どんなタイミングでどの新居のある地域で。引越し前と同じ会社や
サービスを利用できるとは限らないからです。上でも紹介している「電気の
解約方法と開始手続き」で詳しく説明していますので。ぜひ参考にしてください
。その場合。自分で水道局に申し込みをする必要はなく。使用料金は大家か
管理会社から請求されますので。入居契約時に確認しておきましょう。

要は 都市ガス以外のガス LPガスがあるとは夢にも思っていなかったのね。質問をみた印象ですが、かなりきっちりされている性格とお見受けしました。誤字などもほとんどないので投稿前にチェックもされているようですし。さて、まず 質問に回答すると① 現段階で契約が成立していない と主張するのは 双方に無理があります。 この件が原因で 更新拒絶もないでしょう。 まあ、これからの 付き合い次第というか、 入居中の トラブルが発生すると話はかわりますが。② なんの説明責任か? LPガスだとは説明を受けている。 あなたの思い込みで、都市ガスは自由化なので、どこで も契約できる。と言ったわけで、 相手は、LPガスの手配は住んでいると思った。 というのは 十分理解できます。 ガスがLPか都市ガスかは、ガス料金が2倍程度違う ことはよく知られており、物件を選択するにあたり 重要なファクターですから。 まあ、ご存じなかったようですが そこで重説で LPガスと説明した後、 業者の案内をします といったら、結構です 申し込みましたから と言われたら、LPの業者を 仲介の会社にきいて、もう連絡したんだろうな と思いますね。 多分、あなたの言い方も 変な業者を案内されないように 構えていたのかな? とも思います ○○ガス都市ガスの名前さんに申し込んでます といったならば、LPなので、だめですよという会話に つながったと思いますけど。 もう申し込んでいるので、案内は結構です といわれたら あ、そうですか となりますね③ 鍵をうけとれなかったわけではなく、給湯が使えない だけで、居住が一切できなかった わけではありませんし ガスの開栓ができなかった原因も、不動産屋にだけある とは思えません。 家賃の返還請求をしてはならないという法はないので、 請求はできますが。 まずこの状況で100%返還する 大家さんはいないでしょう④ きちんと仲介していないというのも、質問者さんの意見で ガスに関しても、LPと説明を受けたうえで 重要事項説明をうけて、物件はすでに引き渡されており 仲介はされている と 相手は考えているので、 返せといっても、 返してくれないでしょう。⑤ 正直、いい経験になったと思うけど ガスが都市ガスか、LPかは 月3000円から5000円 大家族ならば、万単位で 維持費がかわるので 賃貸の場合は、物件を選ぶときの 最初のチェックポイント 独身ならば、都市ガスと LPだと LP=家賃+5000円 という感じで チェックしないとだめな話です。 LPガス屋さんは、契約するときに合意すればいいのです 仲介業者さんはLPガスであること、どのガスやさんかを 契約の時に伝えればいいのです⑥ 正直にいいますが、今回のことで あなたに勝ち目は ないです。 優秀な弁護士をやとっても、満足いく結果には ならないでしょう。 多分、初めての賃貸契約で ライフラインは しっかりしないと と思って、準備したことが 仇になったのです。 電気、ガス、水道、全部申し込みました。 と業者がいわれたら、あ、そうですか? じゃあいいですね と説明はしませんよ。 この人大丈夫かな? というなんか頼りない人だと ほんとに大丈夫か 確認するでしょうけど 多分ですが、きっちり、きっぱり あなたが 大丈夫といったのでしょうから。せっかくの新居です。 3日はもったいなかったと思いますが忘れましょう。 そのことにこだわっても、あなたにとって有利になることはないです。いい勉強をしたと思って わすれましょう。それが 一番ですんー3日風呂入れず大変でしたね発言小町で聞いて同情表集めた方が良いかと思うけど不動産屋からの説明でLPと有ったのに都市ガス会社へ連絡したのがそもそもの間違いガス会社でメーターが特定できれば都市ガスですとわかります。問題なのがメーターが特定出来ない時ごく稀にガス会社の登録の番地と質問者さんが不動産屋から聞いた番地が微妙に異なったり途中で物件名が変わった場合新築で物件の登録が間に合っていない場合色々なケースでプロパンなのに都市ガス会社に連絡が入り現場に行ってわかるケースはありますね無い物の証明って大変なので呼ばれればガス会社さんは現場に行くしか無いんだよID非公開、ノーコインでこの手の質問をする者はどうせ自分に賛同してくれない回答に難癖付けるか喰って掛かるか目に見えているので、法的な事を記す。1,賃貸借契約時、重説で公共の設備等については一応説明する。ここで君が「もう都市ガスの申込みをしている、ライフラインの確保は済んでいる」とへたな主張をしたから省略しただけ。付記すると宅建士の説明は「ここはこうですが、申込み方法は??」でいい。業法違反は無い。2.これによる使用遅延事態になった事は全て君の責任であり、電気もGASも自分で個別に契約出来る時代だから、それ以上強要なぞしない。3.従ってそこ期間の賃料免除も当然有り得ない物件引き渡し済事前に全て申し込みして立ち会い確認するのは借主の責任。4.宅建業法なぞ知らぬ消費者センターなぞ相談しても何の得もない。これは法律問題であり、公共の施設利用については箇々の問題。管理会社の責任はゼロですよ。因みに弁護士に有料で相談し、訴訟?するならわずか賃料の1/5~1/10の為に着手10万+成功報酬です。TVを鵜呑み、自分の都合のイイ様に解釈すると皆簡単に「訴えてやる??」となる。それは自由だ。但し、100万以下の損害賠償請求なぞで訴訟を起すとは世間知らず。弁護士の前にその宅建業者が登録している、管轄に相談した方が良いかと。生活関連設備は申し込んでるからと言って省略出来るものではないはずですけどね。それに省略せず説明していればその時点で気づけたはずです。これはこれと細かく説明をおもとめでしょうが、住めるようになればそれでいいじゃありませんか。おっしゃるようなことを要求し騒いでも容易に解決しません。時間の無駄、神経の使い損です。これからの暮らしにはあうんの呼吸が大事です。アバウトのところはアバウトで済ますことです。そのようなことができないようでは快適に暮らせません。よく読みましたがあなたの場合弁護士さんに相談するしかあなたには解決方法がないでしょうね。頑張ってください。電話してから行くとよいですよ。

  • 週刊文春2018年5月24日号 『夫カルロス?ゴーンの首
  • TEXIO 直流250v得るどうたらいいか
  • UPLIFT 同年代多い思うの楽器?英会話?ボルダリング
  • 等にお勧め くぐり抜けなら一番前のグリッド着くってこで
  • 美男ですね イケメンね
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です